操作

観念の念仏

提供: 新纂浄土宗大辞典

2018年3月30日 (金) 15:21時点におけるSeishimaru (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

かんねんのねんぶつ/観念の念仏

仏の相好浄土の様子を心にこらし、その姿や相を想い描くこと。また、特に浄土教では阿弥陀仏の姿やその功徳、さらには浄土の具体的様相を想起する観法の一つ。観想念仏のこと。称名念仏に対することば。法然は『一枚起請文』において、選択本願による称名の一行を勧進し、その書の中で示す「只一向念仏すべし」という念仏を「観念の念にも非ず」と明言し、自身が提唱する念仏観念の念仏とは異なることを示している。


【参考】和田典善「観想と観相—『往生要集』とその撰述前後の浄土教典籍を中心に—』(『仏教文化研究』五三、二〇〇九)


【参照項目】➡観想念仏観仏三昧


【執筆者:和田典善】