操作

慶雅

提供: 新纂浄土宗大辞典

けいが/慶雅

康和三年(一一〇一)—。景賀、慶賀、鏡賀とも書く。東大寺仁和寺、醍醐寺に居住した華厳宗の僧。大納言の法橋ほっきょう、岡の法橋、醍醐の法橋ともいう。『摧邪輪』を著して法然を批判した明恵弟子法然弟子阿性房の紹介で南都遊学のときに訪問した。華厳の浄土教について尋ねると、法然の学解の深さに感服し華厳宗血脈と書籍を渡し、受戒したと伝えられる。


【資料】『本朝高僧伝』一二(仏全一〇二)、『尊卑分脈』(『国史大系』六〇上)、『四十八巻伝』四(聖典六・三二)


【執筆者:坂上雅翁】