操作

悪口

提供: 新纂浄土宗大辞典

2018年3月30日 (金) 15:17時点におけるSeishimaru (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

あっく/悪口

人を悩ませ傷つけることば。思いやりや配慮に欠くことば。十悪の一つ。他人をそしる語義どおりの「わるくち」は「両舌」にあたる。『俱舎論』一六に「若し染心を以て非愛の語を発し、他を毀呰きしするを麤悪そあく語と名づく」(正蔵二九・八八上)とある。


【参照項目】➡十悪


【執筆者:西村実則】