操作

常念仏

提供: 新纂浄土宗大辞典

2018年3月30日 (金) 15:25時点におけるSeishimaru (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

じょうねんぶつ/常念仏

常に念仏を称え続けることをいう。常念仏のこと。日別七万遍等の念仏を称え日々に念仏相続すること。別時念仏のこと。日時を定めて行う念仏会。信行策励のために行われ、期間は一日、七日、一〇日、四八日、九〇日などにも及ぶ。寺誌などに見られる常念仏の記事などはこれに当たる。不断念仏のことで、声が途切れないように交代して行われる念仏会。日時を定めず延々と続けられる念仏のこと。摂門深川霊巌寺志』に「常念仏開山より数万日怠転なし」(浄全二〇・二五二)とある。


【参照項目】➡別時念仏不断念仏


【執筆者:大澤亮我】