操作

声の念仏

提供: 新纂浄土宗大辞典

2018年3月30日 (金) 15:23時点におけるSeishimaru (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

こえのねんぶつ/声の念仏

阿弥陀仏名号を声に出して称える念仏のこと。善導法然阿弥陀仏本願にもとづいてすすめた念仏。『無量寿経』第十八願にある「乃至十念」(聖典一・二二七/浄全一・七)を、善導は『観念法門』で「我が名字を称せんこと、下、十声に至らんに」(浄全四・二三三上)と、『往生礼讃』では「我が名号を称して、下、十声に至るまで」(浄全四・三七六上)と釈して、本願念仏は声に出して称える念仏であることを明確にしている。法然は『選択集』三でこの『無量寿経』と善導の釈との相違について、「念声はこれ一なり。何を以てか知ることを得たる。『観経』の下品下生に云わく、〈声をして絶えざらしめ、十念具足して南無阿弥陀仏と称せしむ。仏名を称するが故に念念の中において八十億劫の生死の罪を除く〉と。今この文に依るに、声はこれ念なり、念はすなわちこれ声なること、そのこころ明らけし」(聖典三・一二二)として念声是一論を展開している。また『示或人詞』には「御目を見回わして我が名を称うる人やあると御覧じ、御耳を傾けて我が名を称する者やあると、夜昼聞し召さるるなり」(聖典四・五一二/昭法全五八八)と述べている。これは声に出す念仏を通じて、阿弥陀仏衆生に人格的呼応関係が成立していることを示している。


【参照項目】➡称名念仏口称念声是一観想念仏観念の念仏


【執筆者:曽和義宏】