操作

草庵

提供: 新纂浄土宗大辞典

2018年3月30日 (金) 15:28時点におけるSeishimaru (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

そうあん/草庵

わらかやなどで屋根をいた粗末な家。草葺きの小さな家。くさのいおり。『七箇条制誡』に「此の上猶制法を背く輩は、是れ予が門人に非ず、魔の眷属なり。更に草庵に来るべからず」(昭法全七八九)とあるように、法然の住居は質素な庵であったとみられるが、『四十八巻伝』には、草葺きではなく板葺きの建物が描かれている。また『没後遺誡文』には「ねがわくは我が弟子・同法等、各閑おのおのしずかに本在の草庵に住して、ねんごろに我が新生の蓮台を祈るべし」(昭法全七八三)とあり、法然弟子も本来住居する場所は草庵であった。


【執筆者:伊藤真昭】