操作

光明本尊

提供: 新纂浄土宗大辞典

2018年9月17日 (月) 10:17時点におけるSeishimaru (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました: 20180917 リンクと画像表示修正)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

こうみょうほんぞん/光明本尊

光明の中に阿弥陀仏に関する八字名号(南无不可思議光仏)や九字名号(南无不可思議如来)を中央に置き、両脇に仏・菩薩浄土教を伝えた高僧らの像、および六字名号や十字名号帰命尽十方無礙光如来)を配して、教えの相承を示した一種の曼陀羅式絵図。光明本とも称され、独特の本尊として礼拝の対象となる。浄土真宗仏光寺教団などで主に用いられた。覚如による批判の文言も見られるが、近年の研究では既に親鸞在世時に光明本尊の基本的形態が成立していたとする見方も出ている。


【執筆者:浅井成海】